Tシャツ作成をかっこよく仕上げるコツ大公開|様々なデザイン方法

色見本カード

原稿作成時の注意

インク

オリジナルTシャツは千葉の業者でも作ってくれる場所が多く存在しているので、簡単に作ることができるようになっています。手書きでも受け付けてくれるので、この機会に自分でオリジナルTシャツを作ってみたいなら挑戦してみるのも良いです。デザインといえばパソコンを使って専用のソフトで作成するというイメージが強いですが、手描きでも十分なのです。昔はもちろんアナログでの入稿が主流だったので、千葉のプリント業者でも手書き入稿の受付には慣れています。しかし、オリジナルTシャツは手書きでもデータでも入稿できるとはいえ、不十分な原稿だと業者の作業もストップしてしまいます。スムーズな入稿ができるようにするための原稿の条件を千葉の業者も提示してくれているので前もって知っておくことが大事です。

千葉の業者はオリジナルTシャツを手書きで作るときの注意事項について明示してくれているところが多いです。その条件を色々と調べてみると原稿として使用する紙と描画方法について注意があることが分かります。まず使用する原稿ですが、直接店頭に持って行って入稿するなら、できるだけ厚めの丈夫なケント紙に作成するのが理想です。千葉の業者独自に注文用紙を決めていることもあります。この原稿を使って線を読み取り入稿が行われるので、白紙が望ましいです。罫線があるような用紙に作成すれば一緒に罫線も読み取られてしまうので、余分な線がある用紙はきれいなオリジナルTシャツ原稿を作成する際は使わない方が良いのです。描画に関してもこれは同様で、デザインに残したくない不要な線は消すことが求められます。